群馬大学
NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION GUNMA UNIVERSITY

教育・研究紹介


RESEARCH

「第1回 群馬大学食健康教育研究センター国際シンポジウム / ALCA-JSTワークショップ」開催のお知らせ 2019年11月6日(水)

2019年11月6日(水)に当センター主催(JST-ALCAプロジェクト協賛)により、「第1回 群馬大学食健康教育研究センター国際シンポジウム / ALCA-JSTワークショップ」を開催することになりました(使用言語は英語です)。
バイオマス材料の開発から、機能性食品開発などの幅広い研究者が集います。

日時 2019年11月6日(水)9:50~
会場 群馬大学工学部同窓記念会館(群馬県桐生市天神町1-5-1)
[アクセス]http://www.st.gunma-u.ac.jp/kinenkan/#menu03 リンク先のページが別ウィンドウで開きます
※駐車スペースが限られます。公共交通機関をご利用ください。
参加費 無料
事前登録 不要
問合せ先 国立大学法人群馬大学食健康科学教育研究センター事務室
027-220-7633/7634
shokukenkou-c[at]jimu.gunma-u.ac.jp ※[at]を@に変換願います。

国際シンポジウムポスター PDFファイルが別ウィンドウで開きます

第1回 群馬大学食健康教育研究センター国際シンポジウム / ALCA-JSTワークショップ

令和元年度食健康科学に関する地域連携研究

本センターは、「令和元年度食健康科学に関する地域連携研究」として、以下の研究を実施しています。

研究代表者 所属名・職名 プロジェクトのテーマ名
武野 宏之 大学院理工学府・准教授 冷凍・解凍プロセスにおけるこんにゃくの構造と力学物性の制御
常川 勝彦 医学部附属病院・講師 群馬県民のヨウ素摂取状況と生活習慣病の関連に関する調査
葭田 明弘 医学系研究科・助教 こんにゃく含有食品の脂質代謝改善効果に関する検討
本島 邦行 大学院理工学府・教授 農作物最適育成環境解析による高収量化と収量予測
鳥居 征司 食健康科学教育研究センター・教授 こんにゃくの健康増進機能における新しいエビデンスの獲得
大田 ゆかり 食健康科学教育研究センター・講師 上州地鶏に含まれる機能性ペプチドの調理中挙動の解析
藤原 亜希子 食健康科学教育研究センター・講師 群馬県内圃場における重要害虫コナジラミ類の共生状況モニタリング  
秦野 賢一 大学院理工学府・助教 食品廃棄物を添加し栽培することによる群馬県産枝豆の高付加価値化
岡 美智代 保健学研究科・教授 未病期の人の「食の健康プレミアム感」への影響要因
橘 熊野 大学院理工学府・准教授 ヤマトイモ粉末を用いた食品容器包装の開発