群馬大学
NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION GUNMA UNIVERSITY

センター紹介


OVERVIEW

概要

群馬大学食健康科学教育研究センターは、「食と健康」に関わる研究の推進及び専門人材の育成により、大学の教育研究及び社会貢献活動等の向上に資するとともに、地方公共団体及び地方産業界等と連携して、地域産業の振興及び社会における健康増進に寄与することを目的として、平成29年12月1日に群馬大学が設置した研究組織です。

背景・取組

群馬県は農業が盛んで大消費地の首都圏と近接し、食品産業が県内の工業出荷額の2番目に位置しているなど、食品産業は地域にとって重要産業分野の一つとなっています。また、近年の食品業界のニーズは「安心・安全・美味しい」に留まらず、国民の食に対する健康志向の年々の増加を受けて「健康・美容」などの展開が図られており、食の機能性のエビデンスベースでの評価等による高付加価値化への取組は益々期待されています。

このような地域・社会の動向を背景として、センターでは、地方自治体及び産業界等と連携しながら、こんにゃくなどの群馬県の伝統的な食品をはじめとして県内で生産される農作物(残渣)の高度化、県内農作物を用いたエビデンスベースの高機能食品の開発など食を通した産業の振興及び食を通した健康寿命伸長等を目指して、「農」の要素も取り込みながら、シーズ開発、共同研究を推進するとともに、これらに資する人材育成に取り組みます。

社会的意義

ニーズを元にした研究やオープンイノベーションによる成果を地域産業界へ還元します。
また、食健康科学の課題解決に資する総合的な科学リテラシーを持った高度専門職業人を育成するとともに、社会人の学び直しの機会として、リカレント教育の提供により、地域食品産業界が抱える諸問題の解決に貢献します。